環境

日本ジャイアントタイヤの環境への取り組み

 

工場長メッセージ

当社は、鉱山・建設車両用大型タイヤの生産にかかわる全ての業務において、全社的な環境保全活動を展開します。地球環境に配慮した生産工程を構築すると共に、環境影響の予防をはかり、確立した環境マネジメントシステムを継続的に改善することを基本として環境活動を推進します。

 

ISO14001に基づく環境マネジメントシステム

環境保全活動を組織的に推進するため、当社は2002年1月にISO14001の認証を取得し、その後も認証を維持しています。認証登録範囲(当社の環境マネジメントシステムの適用範囲)と環境方針は以下のとおりです。

 

ISO14001認証登録範囲

鉱山・建設車両用大型タイヤの生産にかかわる業務

 

環境方針

基本理念

環境マネジメントシステムを確立し、実行し、法的及びその他の要求事項を順守し、継続的に改善を行うことにより汚染を予防し、地球環境への負担を軽減し、豊かでゆとりある社会づくりに貢献します。

活動指針

当社は建設用車両大型タイヤの生産に関わる全ての業務において、全社的な環境保全活動を展開します。地球環境に配慮した生産工程を構築すると共に、環境汚染の予防をはかり、確立した環境マネジメントシステムを継続的に改善することを重要課題として、以下を推進します。

  1. 環境管理体制を整備し、継続的改善と汚染の予防に努めます。
  2. 環境法規制、協定、及び利害関係者との同意事項を遵守します。
  3. 生産活動に伴い発生する産業廃棄物の削減に努力すると共に、廃棄物のリサイクル化を促進します。
  4. 省エネルギー及び地球温暖化防止の為、使用するエネルギー・資源の減少策を継続的に促進します。
  5. 本方針を実施し、維持し、全従業員にこれを周知させると共に、利害関係者に賛同、協力を求めます。
  6. 方針は文書化し、社外から要求があれば開示します。

環境方針の実行にあたっては、環境目的、目標を設定し、環境管理計画により計画的に進める。また変化する状況に対応できるように、目的、目標の見直しを実行する。