沿革

沿革

1971年(昭和46年)6月  東洋ジャイアントタイヤ(株)設立(東洋ゴム60%、三菱商事40%)
1972年(昭和47年)10月  第一号タイヤ誕生 (27.00-49サイズバイアスタイヤ)
1980年(昭和55年) 6月 40.00-57サイズバイアスタイヤ生産開始
1985年(昭和60年) 1月  Goodyear社と合弁(Goodyear50%、東洋ゴム30%、三菱商事20%)
1985年(昭和60年)10月 日本ジャイアントタイヤ(株)へ社名変更
1986年(昭和61年)11月 新ラジアル成型、加硫工場竣工
1987年(昭和62年) 2月 ラジアルタイヤ生産開始 (36.00R51サイズ)
1994年(平成6年) 2月 ISO9001取得(タイヤ業界初)
1998年(平成8年) 10月  資本比率変更 Goodyear65%、東洋ゴム30%、三菱商事5%
2002年(平成14年) 1月  ISO14001取得
2008年(平成20年) 3月  月間生産記録 3753本、1434トン
2012年(平成24年) 6月 Goodyearが日本ジャイアントタイヤを完全子会社化